風俗求人情報 ソープやヘルスで働く場合

two personality girls

トルコ風呂

化粧をしている女性

ソープランドは店舗型風俗です。店舗には必ず浴槽を伴う浴室があり、女性従業員は男性利用客に入浴補助を含めた性サービスを提供します。そのため、洗浄用の泡とかけたソープ(泡)ランドという名称がつきました。原点には、トルコ風呂というサウナ付き個室浴場があります。

トルコ風呂とはもともと、字義通りのトルコ風入浴施設を指していました。中東近辺の国では伝統的な公衆浴場です。多くは地下に作られ、蒸し風呂として活用されています。現代では一般の利用はほとんどなくなってしまいましたが、観光客向けのサービスとして残されています。
日本にトルコ風呂の文化が輸入されたのは1950年代はじめです。当初は垢すりマッサージを伴う入浴施設でした。しかし当時から、男性利用客に対しても女性垢すり師がつくなど、性的サービスの内容も含んでいたことが知られています。本来のトルコ風呂では、男性利用客に対しては男性垢すり師がつくことが一般的でした。
その後、性風俗店の大衆化に伴い、現在のソープランドに近い形で営業するようになりました。トルコ風呂からの名称変更は、1984年、トルコ人留学生が起こした抗議運動を受けたため行われました。同名の国に対して、イメージの悪化を招くというのが抗議運動の理由です。

現在では、トルコ風呂という名称を用いる性風俗店はありません。

ソープランドの風俗求人は、まずその高額な報酬の設定が特徴です。

ソープランドは、風俗業界でもっとも高収入を得ることができる風俗求人として知られています。その理由としては、客一人あたりの単価が高いことが考えられます。
男性利用客は、受付で入浴料を支払います。これは施設を利用するために支払う料金です。入浴料を支払った男性客は、女性従業員を一人指名、もしくはフリーで入場します。
女性従業員は、入場した男性を個室に案内します。入浴する前に、男性利用客は女性従業員に対して、サービス料を支払います。これは女性従業員に対して支払われる、サービスへの対価です。サービス料の金額は基本的に入浴料と同額です。そのため、男性利用客が支払う料金は入浴料の二倍になります。一般的な入浴料は、一般的な他の性風俗店の利用料とほぼ同額です。そのため、男性利用客が支払う料金の総額は、他の性風俗店よりも高額であると考えられます。
サービス料は女性従業員から性風俗店側に納めます。そのため、サービス料をそのまま報酬として受け取ることはできません。しかし、客一人あたりの単価が高いため、女性従業員に支払われる報酬も高額となります。

店舗によって報酬額は異なりますが、一般的には3.5万円~4万円としているところが多いようです。



ソープランドは、風俗営業法によって出店地域に制限を受けています。一部認可されている地域でなければ出店することができないため、風俗求人に応募する際には地域に注意する必要があります。一部の都道府県内には店舗が存在しないためです。例えば、大阪や京都、青森や長野などにはありません。該当する地域に在住している女性は、出店地域まで移動するか、女性寮がある店舗を選ぶ必要があります。

地域が限定されることによって特定地域には店舗が集中し、一帯はソープ街と呼ばれます。東京の吉原周辺や、岐阜の金津園が有名です。また、一部の温泉街にも点在しています。
有名な地域には、高級店と呼ばれる格式の高い店舗があり、人気を集めています。人気の高い店舗ほど、求人条件も優遇されています。